ヘッダー画像

JDLとは

日本歯科社会教養推進機構(JDL)とは

日本歯科社会教養推進機構(JDL)は「歯科業界ではたらくすべての人が輝ける社会を」の理念のもと、基本的な社会教養を身につけることができるスクール型の教育団体です。

2022年1月に0期を開催し、一人で学習するだけでなく、学びの同期を得ることで長く歯科業界で活躍できる人財が増えることを目指します。
いざ社会にでようとする未来明るい人財が、自分のあり方を見つけ、考える力を身につけられるような思考を育みます。

歯科業界は長い間人財不足が叫ばれています。特に歯科衛生士の有効求人倍率は20倍以上で、常に歯科衛生士を探しているという歯科医院も多くあります。
実働している歯科衛生士の登録者数の僅か半数である13万人弱で、せっかく国家資格を取得し社会にでたのに、わずか数年で歯科業界を離れてしまう人が多くいます。
さらに歯科技工士学校は定員割れの末、閉校。歯科医師数は10万人を超え、飽和状態といわれることもありますが、定期的に歯科医院で歯のチェックを受ける「予防実践者」はわずか3割ともいわれ、日本における歯科が行うことの大きさを感じずにはいられません。

(公益社団法人 日本歯科医師会 15歳~79歳の男女10,000人に聞く、「歯科医療に関する生活者調査」Part2 より引用)

歯科業界を目指す人財を増やし、帰属意識を持って定着を図り、社会に貢献できるようにしていくためには、社会人になるタイミングで教養を身につけることが必要ではないか、そんな想いから日本歯科社会教養推進機構(JDL)を立ち上げました。

院長先生からのメッセージ

 

 

中原 維浩 Masahiro Nakahara
医療法人社団栄昂会 理事長
DECT株式会社 代表取締役
イブラボ(医療物販学LABO)主宰
歯科医師 
メディカルコーチ


 

 

 

Q. 自院のスタッフを受講させようと思ったきっかけはどのようなものでしょうか?

A. 一つは講師陣の多種多様な魅力。
他ではこのメンバーが一堂に集まって聞ける場はないと思う。二つ目、法人の幹部メンバーのいわゆるスタッフ教育ではなく「幹部教育」を歯科界に特化した形でやってくれるのはここしかないと思ったから

Q. 受講後のメンバーや医院に変化はありましたか?

A. 副院長や主任が受講後、他人に任せることの大切さを知り、なんでも自分でやるのではなく、育った子にやってもらえた時の何倍もの喜びを実感してもらえたこと。
そして、新人も受講したが、新人らしかぬ目の前のことでいっぱいになるのではなく、俯瞰した目で診療全体のバランスのサポートしてくれる。何よりもこの方々が「聞く力」がついたと思う。

Q. 受講を考えている方へのメッセージをお願いします

A. 迷ってるなら受講された方が良いです。
迷ってないなら、それまでってことです。
経営者として、何を大事にしてるかが問われている時だと思います。